カンジダってどんな病気?カンジダの症状や治療薬ランキングを紹介

カンジダってどんな病気?カンジダの症状や治療薬ランキングを紹介さまざまな性病がありますが、中でも女性に多い性病となっているのが「カンジダ症」や「膣カンジダ」と呼ばれるものになります。

こちらのページでは、そんなカンジダ症について

  • どのような病気でどう感染するのか
  • カンジダに感染するとどんな症状がでるのか
  • カンジダを治療する方法について
  • 治療薬の人気ランキング

といったことについて、紹介していきたいと思います。

カンジダに既に悩んでいる方からカンジダから身を守りたいと考える方まで幅広い方に役立てていただけるようになっています。

 

カンジダとは

カンジダ菌

カンジダ – Wikipediaより引用

性病のひとつであるカンジダ症とは、カンジダ属の真菌が原因となって発症する疾患です。

このカンジダ症の原因となるカンジダ属の真菌は健康な人の体内にも存在している常在菌のひとつであり、いろんなキッカケでこの真菌が増えてしまうことで、カンジダ症を発症させます。

カンジダ症は性器に症状があらわれる疾患で、さまざまな症状が性器にあらわれます。

こちらのカンジダ症は特に女性に多い感染症のひとつとなっており、女性の2割がこのカンジダ症を経験するともいわれる程に一般的な疾患のひとつとなっています。

 

カンジダの感染経路

カンジダの感染経路カンジダ症の感染経路はいくつかありますが、主なものは二つです。それが

  • 性交渉
  • 自己感染

です。性交渉はその名の通り、通常性交や口腔性交(オーラルセックス)、肛門性交(アナルセックス)を介した感染になります。

カンジダ症の原因となる真菌は性器や口の中などさまざまな場所に存在する常在菌であるため、性交渉で感染します。

また、体調不良や強いストレスなどさまざまな原因によって免疫力が低下してしまったような場合、常在菌である真菌に対する抵抗力が弱まってしまって真菌が増殖してカンジダ症を発症してしまう自己感染の可能性もあります。

このカンジダ症は性行為で感染したという割合は全体の5%程となっており、そこまで高くありません。

逆に、自己感染するケースが多いため、カンジダ症は性病のひとつではありながら性交渉が原因となるケースはそこまで高くありません。

 

カンジダは性行為以外でも感染するの?

母子カンジダは自己免疫が低下することで常在菌の真菌が増殖して発症するケースが多いと説明しました。

また、このカンジダ症は性交渉や自己感染の他にも感染経路があります。

それが母子感染です。出産の際、産道を介して母から子へとカンジダが感染して、子供にカンジダ症が発症するというケースがあるのです。

そのため、出産の際にはカンジダが発症しないようにすることが重要になります。

性交渉以外が原因となって感染、発症する可能性が高いため普段の日常生活を規則正しくするといったことだけでも、大きな予防になったりします。

 

カンジダの潜伏期間

カンジダの潜伏期間カンジダ症の原因となる真菌に感染した場合、即座に症状があらわれるというわけではありません。

性交渉で真菌が感染した場合、潜伏期間は1~7日となっています。

そのため、この潜伏期間中は症状などもあらわれずに感染に気づけないことは珍しくありません。

こちらの潜伏期間というのは、性交渉で感染した場合の潜伏期間となっています。そのため、体調不良などの自己感染の場合はこの限りではありません。

また、既にお伝えしている様にカンジダ症は常在菌による自己感染が原因となっています。そのため、カンジダ症に感染した原因となる相手を特定するということは容易ではなく、現実的ではないといえます。

 

カンジダの症状

カンジダの症状に悩む男女性感染症のひとつであるカンジダ症ですが、実際にこのカンジダ症が発症してしまった場合、どのような症状があらわれるのでしょうか?

カンジダの症状は様々ですが、男性か女性かによってもあらわれる症状が違ったりしています。

実際にカンジダ症が発症すると、どのような症状があらわれるのかについて適切に把握しておくようにすることで、自身がカンジダ症に感染していることを自覚することができるようになったりします。

症状をいち早く自覚することができれば、その分だけ早期治療を行え、感染をさらに広げたり症状が悪化することがなくなります。

 

カンジダの症状:男性

カンジダの症状:男性カンジダ症が男性に発症した場合、症状があらわれることは珍しいです。

ですが、症状があらわれるケースもあります。

症状があらわれた場合の症状としては

  • 性器のかゆみや違和感
  • 尿道炎
  • 小水疱
  • 白い苔のようなものが生じる

といった症状があらわれます。

自覚症状があらわれた場合には、カンジダ感染に気付きやすいですが、出ないことが多いため、パートナーがカンジダに感染していることが発覚してから気づくというケースも珍しくありません。

しかし、症状があらわれたような場合に痒みでかいてしまったりすると炎症が広がってしまう場合もあります。そうして炎症が広がってしまうと治療が長くなってしまったりする場合もあるため、注意が必要になります。

参考元:性器カンジダ症 – 日本性感染症学会

 

カンジダの症状:女性

カンジダの症状:女性カンジダ症に感染した時に男性にあらわれる症状について紹介してきたので次に女性にあらわれる症状について紹介していきたいと思います。

カンジダ症が女性に発症した場合の主な症状としては

  • 陰部の強い痒み
  • 白くヨーグルト状のおりもの
  • 性器の炎症
  • 性交痛

といったものがあげられます。

感染しても自覚症状がない場合も多い男性とは違って、女性の場合はカンジダ症が発症してしまうとさまざまな症状に悩まされるケースは珍しくありません。

あらわれる症状は自覚しやすいものも多いため、上記のような症状があらわれておさまらないというような場合には、速やかに適切な検査や診察を受けるようにして治療にあたるようにしましょう。

参考元:東京都性感染症ナビ|性器カンジダ症

 

口腔カンジダの症状

口腔カンジダの症状真菌が原因となって発症するカンジダ症は性器に発症する性器カンジダ症の他に、喉などに発症する「口腔カンジダ症」という種類もあります。

ここからは、この口腔カンジダ症について、どのような症状があらわれるのかについて紹介していきます。

こちらの口腔カンジダ症は高齢者の方に多く見られ、主な症状として

  • 口内の痛み
  • 白い苔のようなものの発生
  • 味覚障害

といったものがあげられます。

口腔内がカンジダ症に感染した場合、比較的わかりやすい症状があらわれるようになっています。

そのため、万が一上記のような症状があらわれた時には速やかに治療を開始してカンジダ症の感染をそれ以上に広げないようにしましょう。

 

カンジダの治療方法

カンジダの治療する女性性器カンジダ症や口腔カンジダに感染した場合にあらわれる症状について紹介してきました。

では、実際にこのカンジダに感染した場合には、どのような治療を行う必要があるのでしょうか?

ここからは、カンジダの治療方法について紹介していきたいと思います。

カンジダを治療するための方法は大きく分けて、ふたつになります。

ひとつ目が、病院での治療を受けるという方法、そしてふたつ目が個人輸入代行を利用してカンジダの治療薬を手に入れる方法です。

ここからは、ふたつの治療法それぞれを詳しく紹介していきます。

 

病院で治療を受ける

病院カンジダに感染した時の治療法として、最も一般的な方法はやはり病院で診察や適切な治療を受けるという方法になります。

病院では専門的な知識を持った医師の診察を受けることができますし、適切な治療法を提示してもらえるので確かな治療が可能です。

また、病院では治療前の診察の段階で、検査なども受けられるので自身が感染しているのが本当にカンジダかどうかといったことの確認も可能です。

検査を受けてカンジダが確定すれば、軟膏や内服薬を用いた治療を行う形になります。

このカンジダの治療は保険が適用される場合は数千円程度で検査と治療が可能ですが、保険適用外となってしまう場合は一万円近くかかってしまう場合もあります。

そのため、病院での治療を希望する場合は、事前に保険が適用できるかどうかの確認をするようにしましょう。

 

個人輸入代行で治療薬を購入する

個人輸入代行で治療薬を購入するカンジダ症の治療法は病院で診察を受けて治療するという方法以外に、個人輸入代行を利用して治療薬を手に入れるという方法があります。

個人輸入代行ではカンジダなどの検査キットやカンジダの治療に用いられる治療薬を取り扱っていたりします。

そのため、検査キットや治療薬を個人的に輸入すれば、誰にも相談したりせず自宅で各種性病の検査からカンジダ治療まで全てを行うことが可能になります。

個人輸入の代行を利用する場合、病院に足を運ぶといった必要がないため、誰にもバレずにコッソリ一人で治療を行うことができるという特徴もあります。

また、かかる費用についても治療薬だけであれば3,000円以内で購入できることも多いため、治療にかかる費用を抑えるというのにも役立ちます。

 

カンジダの治療薬人気ランキングBEST5

カンジダの治療薬人気ランキングこれまで紹介してきたカンジダ症ですが、実際に感染した時に治療薬として使われる薬の種類はさまざまです。

そこで、ここからは個人輸入代行でも取り扱われているカンジダの治療薬についての人気ランキングを紹介していきたいと思います。

いろいろな治療薬の種類があるため、迷ってしまうことも多いですが、人気の治療薬を把握するようにすることで、治療薬選びに迷うことがなくなってスムーズに治療をスタートすることが可能です。

 

1位:フォルカン

フォルカンカンジダ症の人気治療薬ランキングの1位となったのは「フォルカン」です。

こちらは有効成分にフルコナゾールを配合したジェネリック医薬品で、インドの製薬会社であるCiplaが製造・販売しています。

フルコナゾールを配合した抗真菌薬は日本ではジフルカンとして幅広く処方され、多くの方に活用されているため安心して利用することができます。

価格は1箱あたり2,660円(1錠あたり133円)となっています。

 

2位:フルコナゾール

フルコナゾール人気ランキング2位になったのは「フルコナゾール」でした。

こちらは有効成分にフルコナゾールを配合したジフルカンのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社であるRanbaxyが製造・販売しています。

有効成分が真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの合成を阻害することで、膜のバリア機能を障害して細菌を死に至らしめてカンジダを改善へと導きます。

価格は1箱あたり2,600円(1錠あたり371円)となっており、1位と比べると少々高価になっています。

 

3位:ラミシールクリーム

ラミシールクリームカンジダ治療薬の人気ランキングの3位になったのは「ラミシールクリーム」です。

こちらは有効成分にテルビナフィンを配合したクリームタイプのカンジダ治療薬で、有効成分が真菌の細胞膜をつくるエルゴステロールの合成を阻害してカンジダなどの症状を改善へと導きます。

価格は1本あたり3,260円となっており、内服薬と比べて多少高価ですが、塗って使う外用薬タイプなので簡単に使えるといった特徴があります。

 

4位:ラミシールスプレー

ラミシールスプレー人気ランキング4位は「ラミシールスプレー」でした。

こちらは、人気ランキング3位と同じラミシールクリームのスプレータイプの治療薬です。

そのため、有効成分はテルビナフィンで製造・販売するのはRanbaxyとなっています。

有効成分が同じであるため、カンジダを改善へと導く仕組みも当然、同じになっているので、クリームとスプレー好みで選べるようになっています。

こちらは1本あたり3,760円となっていますが、まとめ買いで1本あたり1,920円とお得に購入することができるようになっています。

 

5位:クロトリマゾールローション

クロトリマゾールローションカンジダ治療薬の人気ランキング最後に紹介するのは「クロトリマゾールローション」です。

有効成分として配合されているのはクロトリマゾールで、この成分が真菌の細胞膜機能に障害を与えることによって死に至らしめます。

これによって、真菌を減少させてカンジダなどの症状を改善へと導きます。

こちらはGlenmark Pharmaceuticalsが製造・販売するカンジダ治療薬で、ローションタイプで使いやすくなっています。

価格は1本あたり3,760円となっており、まとめ買いで3,400円ほどで購入が可能です。

 

まとめ

こちらのページでは性病のひとつであるカンジダについて様々な情報を紹介してきました。

カンジダは数ある性病の中でも、女性に多いという特徴があり、また性交渉以外でも発症する可能性があります。

そのため、性交渉を全くしていないという方でも発症してしまうため、カンジダというものに対して正しい知識を持ったうえで、適切な対策法や治療法を把握しておくことが重要です。

そうすることによって、カンジダが発症したとしても速やかに対処することができますし、パートナーなどへ感染を広げてしまうといったこともなくなります。

こうしたことは、カンジダなどの性病に限らず、どんな疾患にも同様にいえることとなっているため、ただやみくもに怖がるのではなく適切な知識を持って対策をするようにしましょう。