クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

メプチン1 メプチン2

メプチン

有効成分 プロカテロール
メーカー 大塚製薬 内容量 25mcgx100錠
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 気管支喘息の改善
副作用 動悸や頭痛など 用法 1日1~2回、1回2錠を服用

このお薬の人気ポイント

・日本の大塚製薬が製造・販売

・吸入タイプの喘息治療薬が苦手な方に最適

商品詳細

メプチンは気管支を拡張する医薬品です。
日本で処方されているメプチン錠と同一の有効成分を含有しており、主に気管支喘息や気管支炎の治療に使用されます。

メプチンはβ2受容体刺激剤に分類される気管支拡張薬で、有効成分にはプロカテロール塩酸塩が配合されています。
プロカテロール塩酸塩は選択的に気管支へ働きかけ、気管支を拡げる作用があります。この作用によって気管支の収縮による呼吸困難や息苦しさを改善することができます。
また、喘息治療薬の多くは吸入タイプですが、メプチンは錠剤のため容易に服用することができます。

なお、メプチンは対処療法薬のため、喘息や気管支炎を根本的に治療することはできません。
しかし、症状を抑えることで良好な状態を維持し、発作の頻度を抑えることができます。

メプチン 25mcg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
25mcg × 100錠 66 6,600 51 5,060 151pt
25mcg × 200錠 52 10,400 40 7,960 238pt
当サイトのサービス

メプチン 25mcg x 100錠

5,060

ポイント:151pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

用法・用量

1日の服用回数1~2回
1回の服用量50mcg
服用のタイミング就寝前、もしくは朝と就寝前
服用間隔指定なし
1日1~2回、1回2錠を服用してください。
1日1回の場合は就寝前、2回の場合は朝と就寝前に服用してください。

6歳以上の小児が服用する場合、1日1回もしくは2回、1錠服用してください。
小児の場合も1日1回なら就寝前、2回なら朝と就寝前に服用してください。

症状や年齢によって適宜増減する必要があります。

服用を忘れた場合、気がついた時点ですぐ服用してください。
ただし、次回の服用時間まで間もない場合は忘れた分を服用せず、次回は1回分服用してください。
1回の服用で2回分の量を服用するのは厳禁です。

注意点

飲み合わせの悪い薬剤や使用に適さない持病がございます。
また、過剰に摂取すると副作用が現れやすいので、必ず薬剤の説明を確認してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

動悸、頭痛、発疹などの症状が起こることがあります。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : メプチン
添付文書 : メプチン


メプチンのよくある質問について

喘息(発作)の薬を使用している間は飲酒を控えた方が良いでしょうか?

飲酒(アルコール)は喘息の症状を悪化させることがあるため、喘息治療中の飲酒は控えてください。最も良いのはお酒を飲まないことですが、付き合いなどで飲む必要がありそうな場合は事前に医師に相談することを推奨いたします。

喘息の吸入薬はドラッグストアでも購入できますか?

吸入タイプのお薬は処方薬のため市販されていません。

吸入タイプと服用タイプの喘息薬を併用しても問題ないですか?

種類によります。喘息の治療は気道の炎症を抑える長期管理薬(コントローラー)と発作の症状を抑える発作治療薬(リリーバー)の2種類で行われます。併用するお薬が長期管理薬と発作治療薬であれば問題ありません。

喘息の症状が軽くなってきたので、お薬を飲むのをやめたいです。

使用しているお薬が長期管理薬(コントローラー)の場合、自己判断による断薬は減薬は厳禁です。喘息の症状を感じなくなったとしても原因である炎症は見えないところで続いているため、医師の指導にない断薬や減薬は症状の悪化や再発のリスクが高くなります。

吸入タイプのステロイド薬を長期使用するのには抵抗があります…。

吸入タイプは長期継続を前提としており、少量の成分を効率よく肺に運べるように作られています。内服薬や注射に比べると重たい副作用は現れにくく、ステロイド吸入薬の普及によって喘息による死亡者数などは減っています。正しく服用すれば非常に有用なお薬ですので継続して服用することを推奨致します。

喘息薬と風邪薬を併用するのはダメでしょうか?

過去に服用し危険な副作用がなかったものであれば問題ありません。しかし、喘息患者の方の約5~10%は総合風邪薬や頭痛薬に含まれるアスピリンに対して過敏に反応するアスピリン喘息を誘発するおそれがあります。そのため、成分にアスピリンを含むお薬は避けることを推奨致します。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 友達がいいよと教えてくれたので買ってみました。喘息の症状がしんどくなったときに飲んでみたのですが、思っていたより効果があり咳が治りとても楽になりました。喘息用の薬は他にもいろいろ飲んできましたが、これが一番効いてありがたいです。次は200錠が入っているタイプを買おうかなと思います。

  • 友人が私と同じ喘息持ちで、よく薬の話をしていました。その中で特に友人が評価していたのがこのメプチンでした。メプチンのおかげでひどい発作も起こらなくなったと言っていました。私も喘息を少しでも治していきたいと思っていたので、メプチンを購入して飲み続けました。そしたら、発作の回数は確かに減ったような感じでした。完全に発作が無くなるわけではないです。

  • 他の通販サイトなどを見ても高評価になっているものばかりだったので、私もかなり期待をしてこのメプチンを購入しました。これで少しでも喘息の発作が楽になればと思っていました。でも、自分が思っているほど効き目がなかったです。飲んでいないときよりは症状はマシなのですがピタッと咳が止まるような感じではないです。咳の回数が減ったような感じです。ちょっと物足りない効果です。

  • 花粉やほこり以外にも排気ガスやストレスなどでもせき込んでしまうことがあるので、常にのどに気を使っておく必要がありました。そのため、薬選びもけっこう時間がかかりました。その中で私が1番いいと思ったのがこのメプチンでした。まず値段の安く継続的な購入が可能になります。そして、効果も値段以上に働いてくれます。喘息は辛いものですが、これがあれば乗り切ることができます。

  • のどが炎症を起こしやすいシーズンになると、ほぼ毎日飲んでいます。それでも1錠あたり30円前後になっているので、コストパフォーマンスは抜群だと思います。おかげで経済的な負担はほとんど感じません。しかも毎日飲んでも副作用が少なく、発作もしっかりと抑えてくれています。この薬には今後もお世話になることは間違いないと思います。来年も同じものを購入させてもらいます。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る